MENU

借金返済の賢い方法

 

賢い、借金返済、方法

毎月せっせと返済に励んでいるのにからきし縮小しない借金・・・
そのような事になってしまったあなたを助ける方法として
オススメする、借金を返済できる賢い方法をお伝え致します。

借金がわずかな額の場合の賢い方法


借り入れの総合額が数十万円の少額金銭債務を背負う場合、毎月の借金返済額もそれほど大きくはないはずです。
だとすれば月支払いが厳しいという事にはならないでしょうが、借金と言えば返済の期間が長くなるにつれて利息額が膨らみ続けます。
そんな事で、少しのお金が貯める事ができた場合、ボーナスなどの特別な収入があったら、借金の繰上げ返済をするという方法があります。
まず始めに取り急ぎ借金返済をしてしまえばそれだけでも利息額はなくなっていきます。

消費者ローンなどのATMで支払っている手数料がかかる場合の賢い方法


こまめな借金の返済ではなく、一括で繰り上げ返済するほうが絶対にオススメの賢い方法です。
一度の手数料は100〜200円程度ですが、複数にわけて借金を返済していたら案外、あなどれない金額になってしまいます。
確実にいっぺんに返済してしまうのが賢い方法です。

借金が多額のとき、たくさんの負債を持っている場合、一番初めに自分の収入で借金の返済が可能なのか、把握していかないといけません。
返済できる自分の収入があれば少額負債の場合と同様、可能な限り繰り上げ返済をする方法で、できるだけ早く借金をゼロにしていく努力をしていくのが賢い方法でしょう。

数多くの金融機関に借金をし、合計金額が多額になり返済困難になってしまっている方々には借金をひとつにまとめる方法もあります。
全ての借金を一つにしてたった一つの金融機関からお金を借りるということは、多様なメリットを生み出すおススメの賢い方法の一つです。
いろいろな金融機関から借りていると、金利や返済期日などがすべて別になり返済する計画を立てていくのが難題ですが、借金を一本化したら完済日が確定されてわかりやすくなります。
また、幾つもの返済日が月一回になるので借金の返済を管理する事が楽になります。借金をまとめる方法により、金利が低くなり返済総額も大きく減らす事が出来るので賢い方法といえるでしょう。

法律の専門知識を持つ人に意見をもらう事が借金返済の賢い方法であることも

 

賢い、借金返済、方法

既に述べている借金の統合化などは、その人による返済状態などによっては審査が通らないことがあります。
そのような事になった時は法律を味方に引き込み返済するのが賢い、よい方法でしょう。
弁護士などの法律の達人に伺い、任意整理における手続きを取るべきでしょう。
任意整理というものは弁護士が債務者の代理をする人となり債権者と交渉し、無利息にしたり返済計画を再検討するように要望する事なのです。
ケースによりますが、概ね3年ほどで返済するような形になります。
それに留まらず、裁判所で論じ合うという特定調停という仕方もあります。
裁判所で債権者と債務者、弁護士が論じ合いをしたうえで減額や利息カットを決めます基本的には、無利息で3〜5年で返済していくことになります。
第一に、借金返済問題とその方法に詳しい弁護士などの専門知識に詳しい人に教えてもらい賢い借金返済をしましょう。

借金返済〜賢い方法を知ろう

当サイトへの訪問まことにありがとうございます。

 

このサイトに辿りついたという事は、あなたは借金返済の事でお悩みがあるのでしょう。
金融会社によるかなりきつい催促の電話や裁判所からの通知がきたことで、大変な重圧を感じている人もいることでしょう。

 

借入をした時には、それほど難しくなく借金返済できる筈だったのに、病気や失業などの事情の変化で返すのが難しくなった・・
借金返済支払日が近づいているのに、入金の術が何もない・・

賢い、借金返済、方法

親族や友人に知られないように、自分の責任で借金を返したい・・

 

人によっては、亡くなっ親族から多くの知らなかった借金返済を相続しなけらばならなくなったり、保証人として他人の借金を背負うことになってしまい、返済に困っている人もいらっしゃいます。
生活費、株・FXなどの投資、事業資金調達の費用、冠婚葬祭費、ギャンブル、女性・男性との交際費用、不要な物への浪費・・・

 

借金返済で悩む原因となっていることは、人によって違います。

 

もとより最初の契約で合意した通りに少しずつでも借金返済が可能なら最も良い方法だということは誰でもわかっています。

 

しかし、借金返済出来ずに生活に困窮している人の援助の為に、この国にはちゃんとした救済制度が整備されているのをご存知ですか?
いわゆる法的手段と呼ばれる方法です。

 

借金返済のために法的に手続をするといわれると身構える人も多いのですが、過度の心配は不要です。
実際に、法的手段という方法を開始した債務者に直接働きかけて請求することは禁止されているので、金融機関からの催促がちっとも来なくなるため、もっと早くに始めていれば気持ちが楽になったのにと思う人が殆どなのです。
家族や周囲の人たちに知られないうちに借金を清算しようと思うなら、少しでも早く金融機関から受ける催促を止める事が重要で賢い方法です!

 

賢い、借金返済、方法

 

借金返済の問題を清算するための4つの手段個人の借金返済を解決に導くための適正な法的手段には、「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」の4つの方法が考えられます。

 

この4つの方法で法的な手続きを取ることを総称して「債務整理」と言います。
それぞれの方法に関しては、以下で大体の要点を説明します。
実際のところどの方法を選ぶのが適切なのかは、弁護士と相談して納得の上で決定しますので、おおよその概要についてだけわかっていれば安心だと思います。

 

自己破産 

少しずつでも借金を返済する事ができなくなった状況で行うのが、いわゆる自己破産です。
借金返済のための破産と聞くと、あまりイメージが良くないと言えるかもしれません。でも、苦労していた借金を全てこれで帳消しにできる最終的ではありますが、賢い方法なのです。
どうしても借金返済の方法が見いだせない場合には、自己破産するしかないでしょう。

 

以下は、自己破産の特徴となる点です。
免責されたら借りたお金の返済義務がなくなる
不動産や金融資産などの財産を処分が求められる
自己破産の手続き中は、宅地建物取引士等の資格制限がある

 

任意整理
資産を所有していない場合、手続き期間が短くなる(同時廃止)地方裁判所で破産手続きがおこなわれる任意整理

和解によって支払を減額する事によって、借金返済が可能になる状況で行うのが任意整理です。
任意整理は、それぞれの債権者(借入している相手)全てと債務の返済について何度も話し合い交渉を進めていくことが必要となるため、非常に雑多な方法となります。

 

以下は、任意整理の特徴と言える点です。
返済額だけではなく、借金元本自体を減らす事が出来ることがある
かなり長い期間高金利の借入を行っていた場合、金利が返ってくる(過払金の返金)可能性がある
今後払う借金の利息はカットされる場合がある

 

特定調停
債権者との間で返済計画に基づいて示談書を締結する特定調停

特定調停とは、特定の債務者(要は借主のこと)に関係する民事調停のことです。
特定調停では最初に簡易裁判所に申し立て、民間から選ばれた社会経験豊富な調停委員が仲介役となって債務の調整を行い、債務者の経済的再建を助けるための制度です。

 

下記は、特定調停の特徴となる点です。
調停なので公平かつ妥当で債権者・債務者双方の合意が必要借入金の元金が減額できる場合がある

 

個人再生
別途手続きしないと過払い金の返還請求はできない個人再生

銀行などの金融機関に住宅ローンの借入金があり、自宅を手放すことを望まない際に取るのが個人再生という方法です。
自己破産という方法だと所有物件を、競売や任意売却などでいやがおうにも処分することになるので、
救済措置としてできた民事再生法といわれている法律の中の個人を対象とした手続きのひとつの方法で、新しい制度です。
個人再生の申し立てのための再生計画は弁護士や司法書士などに作成して貰う必要があります。

 

以下に、個人再生の特徴を挙げます。
住宅ローンが残っている者が対象自宅を維持しながら手続が可能今後継続して一定の収入が得られると見込めることが要件
債務の大幅な減額と長期分割払いが期待できる

 

 

 

弁護士に相談する賢い方法

弁護士に借金返済の相談をするのは、不甲斐ない事ではありません

 

当ウェブサイトで紹介した色々な法的手続き方法も、実質、行うには高等な専門知識が必ず必要です。
独学で勉強して知識を持つ事も無理ではありませんが、難解な法律用語や法的手続きの実際の職務を完璧にするのは簡単な方法ではありませんし、目の前の借金の返済もあります。
現実的には弁護士の先生に任せるのが賢い方法でしょう。

 

賢い、借金返済、方法

 

自己破産や債務の一部免除、特定調停は裁判所での手続きを踏むのが不可欠となりますし、任意整理の場合は、借入をしている対象者からの申し出は、大体の金融会社が話に対処しない為です。

 

借金をしている融資先からの、返済金額のカットやかかる金利の減免にいちいちみんな答えていたら金融機関の管理が成長しませんので、普通に考えれば当然のことです。
特に少額融資などの小さな金額で担保の無い借金の場合、こういう風な流れが多いです。

 

弁護士に申し入れると、債権者(お金を借りた先)に「受任通知」という郵便が送られてきます。
この通知が着くと金融会社からの借金返済の催促がほぼ同時にそろって中止されるため、家族や職場に気付かれたくない場合は、ともかく弁護士に相談することが賢い方法です。

 

お知らせが届くまで待てないという場合は、弁護士に要請して、債権者に伝えてくれるので、お願いしましょう。
訳なく借金返済の督促のメッセージ中止するので、拍子抜けするかもしれません。

 

弁護士に相談と言うと、どうにも気まずいと思ったり、かかる費用を悩んだりする方がかなりいるようです弁護士というものは、依頼をいただくことが役目ですし、事務所にとって大事なお客様ですので不名誉に思う必要はありません。

 

最近は弁護士が多くなったせいか、支払い面でも安くなってきているので、分割払いも選択できます。
借金返済で苦しい人が、手持ち資金が微々たるものな事は弁護士側もわかっているので、とてつもない心配は無用です。

 

つらい時に手を差し伸べてくれたのでどうやってでも返したい・・
しんどい時に借り入れさせてくれた金融業者や受け持ってくれた人にごめんなさいと思う・・
どうにかこうにか借金返済を続けたいという感じの方もおります。

 

その考えはとても凄いことだと感じますし、無理でなければやるべきです。
しかし今後の借金返済の目途が全然立たず、「もう無理!」と思っているなら、めいっぱい早く弁護士と話し合って法的な方法を取るべきですし、その方が回収担当者も安心するでしょう。

 

ファイナンス会社の係りの者は、それぞれものすごい銀行口座を扱っていますので、借金返済延滞先との「払って下さい」「払えません」のいたちごっこにうんざりし、疲れ切っています。
業務として携わっている以上、お金を返済してもらう催促をしなければならないのですが、弁護士に頼むと「介入案件」となり、来る日も来る日もある督促電話から助けられるのです。

シミュレーションを使って賢い借金返済を!

借金返済を取立される側には理解するのは難しいかもしれませんが、取立をやっている方も苦悩しているのです。時には、入金目途の立たないお客さんに対し、弁護士に依頼する方法を勧める人も多少はいるそうです。

 

貸金会社としても、回収業務にも経費が必要なうえ、長期間に渡ってもたもたされれば、果てには、「貸し倒れ引当金」を計上しなければいけませんので、借りた金の返済計画の可能性がさっぱり立たないのなら、さっさと償却してしまいたいのが本音なのです。(株主の手前、公には言えませんが・・)

 

借金返済についての問題の片づける賢い方法は、無料の相談から
とは言え、急に弁護士事務所に連絡するのは、勇気がいりますよね。

 


街角法律相談所

 

 

 

という事で当サイトでは、まず初めに「借金解決診断シミュレーター」の利用をおススメの方法としてご紹介しています。
借金解決診断シミュレーターは、5つの質問に応じるだけで、債務の減額する方法や月々の返済額がいくらくらいになるのか、賢い借金返済の方法を調べる事ができます。

 

賢い、借金返済、方法

 

更には、日本全国可、土日祝日可、24時間受付可な所も魅力です。
名前、住所などもいらないので、匿名かつ0円で活用できるので、始めにテストすると良いでしょう。
借金返済を解決できそうな結果が起こった場合だけ、実際に弁護士に相談するのが賢い方法だと思います。(奨励の弁護士事務所はここ)

 

独り苦しむだけでは、借金返済は出来ません。
仮に返済で苦しんでいるなら、確実に支払いできる額まで、金額を少なくする事が賢い借金返済の方法として大切な事です。
もしも借金返済に困窮しているなら、一人だけで思い煩うのは、賢い方法とは言えません。今はもうやめましょう!

 

周辺に支障をきたす前に、まず始めに無料シミュレーターでトラブル解決可能か確認してみるのが賢い借金返済のひとつといえるでしょう。

 

 

賢い、借金返済、方法

 

ただ借金返済に困惑していても暮らしを立て直す事は不可能ですし、賢い方法とは言えません。
勇気を出せば安らかな日を取り返せますよ。

 

借金返済のトラブルを片づけさせる方法には、その道のスペシャリストの弁護士の先生に頼むのが、一番おススメの賢い方法と言えますが、弁護士なら無条件で誰でもいいとは言えません。

 

弁護士にも得意とする分野があって、借金返済問題に自信のある弁護士もいれば、離婚問題がお手の物という弁護士もいます。

 

借金返済問題の場合、法的な見聞だけではなく、利息計算などの知識も必ず必要となるため、そういった事が不得手な弁護士に当たると、金融業との掛け合いが都合良くやる事ができません。

 

もっと危ないのは、弁護士にもさまざまな見解があって、貸金会社よりのこちらの消費者サイドではない考え方をする弁護士もいる事です。
金融会社の顧問などをしていて、借り手に厳しい弁護士に当たったらなんとも賢い方法どころか最悪のパターンです。

 

消費者サイドに立ち、金融会社から都合の良い条件を持ち出せる弁護士を選ぶ事で、借金返済するお金の減額をしたり、利息をなくしたりなどの条件がさっぱり違ってきますので、賢い借金返済のためには弁護士選びの方法は重要です。

 

街角法律相談所

 

と言いますが、だいたい法理という業界の知識を知らなければ、どんな弁護士が良いかとか見分けるような賢い方法はありませんよね。
こちらでは借金返済トラブルに精通した借主側に立った信頼ある法律事務所をご紹介します。

 

ぜひ賢い借金返済のトラブル解決方法の目安にして下さいね。